若くして起業をしたお客様、仕事柄、東京へ出張が多い為、駅まで歩いて5分の所に、オフィスを構えたいという希望でした。

それを実現するには、土地を購入して、社屋を建てる予算はなかったため、マンションを購入しオフィスにリフォームすることにしたそうです。

お客様は、予算の関係で中古マンションを購入しリフォームすることにしました。

オフィススペースは、15.75坪で収容人数はスタッフ、10名を希望されておりました。 仕事の内容は、広告代理店を営んでおり、映像制作、音楽関連、営業のお仕事です。
はじめに、水回りの、トイレ、キッチン、バスルーム、は、そのままにして、他全部の部屋の壁を取り除き、畳、床、天井を解体し、スケルトンにしました。

キッチンは、オフィス内を人が歩いても、冷蔵庫、流し台が、見えない高さに、カウンター兼壁を作り、オフィスからキッチンが見えなく、天井の空間を広く取り、トイレ、バスルーム、玄関、のスペースを除き、13坪の広いオフィススペースを確保することが出来ました。

玄関フロアとオフィスの間には、ガラス(90×200)貼りのドアを設置、マンションのドアを開けると暗いと云われる先入観を取り除き、明るいイメージのオフィスのスペースができました。
次は、スタッフの机です。スタッフ10人分の机を置くのは無理なので、オフィスのセンターに特大(1200×2400)の机をオリジナルで造り、椅子を10脚用意するようにしました。

来客用には、キッチンカウンターの前に、L型 の応接セットを設置、2坪程度ですみます。

壁面収納に入ります。幅4500㎜のスペースに床から700㎜の高さに奥行き450㎜の収納、扉付き、天井から450㎜の天地に収納、扉付き、その間の壁スペース(4500㎜×1600㎜)はスクリーンとして白いクロスで仕上げました。

洗面所に、ロッカーを設置、バスルームは、将来使用するかもしれないのでそのまま物置として、使うことにしました。 施工で工夫した点・こだわった点
依頼内容がスタッフ10名と相談されたときは、通常のオフィスの考え方では無理だと思いました。

機能的に近代的な、モダンなスペースを確保するような提案をいたしました。

収納、スペースに関しましては、一つの壁面に大容量の書棚、(天袋用収納、床置収納、)TV、オーディオ、映写機、コピー機、の棚として使用、壁面は映像用スクリーンとして、白いクロスにして、お客様に納得して頂けるような仕上がりになりました。

初めは、便利な場所を選び、狭くても何とかなるかな・・・・と、思いましたが、大変、不安で心配していました。

打ち合わせをしているうちに、少しずつ、希望に夢が膨らんできました。

工事が進むごとに、不安、心配はなくなり、毎日、工事現場に来るのが楽しみになり、材料、クロスの見本の細かいうち合わせなど、いっしよに、親切丁寧な説明、丁寧な工事に、完成が楽しみに、やっぱり宇都宮リフォーム様にリフォームをお願いしてよかったの、ひとことでした。