デメリット対策も万全に。かつてのキッチンは、壁で覆われているタイプがほとんどで、暗くて閉鎖的な感じは否めません。

台所には、女性が入るもので男性は入るべきではないと言ったとても古い考えが昔にはありました。

その名残なのかキッチンとリビング、今との境界のようなものが感じられます。

最近では、男性も料理をするようになり、子供と一緒に料理を作る、家族全員で楽しく料理するという家族も増えてきているようです。

リフォームを機にキッチンをオープンキッチンに変えたいというリフォームの要望はとても増えてきています。

暗さの原因となっている壁をとりはらうのはもちろんですが、今まで使い勝手の悪かったキッチンの向きもあ必要に応じて変更し、対面キッチンに変えるのが主流となっております。

キッチンはとても明るくなり、開放的なため家族とのコミュニケーションが増え、家族円満にもつながります。

リビングルームにキッチンは併設されているので、リビングルームと一体感が出ます。

オープンキッチンとなることで、リビングルームからキッチンが丸見えになるので、調理後の後片付けや、整理整頓をきちんとしなくてはなりません。

調理時に発生するにおいや煙もリビングルームに流れ込まないように換気扇にも気を使う必要があります。

キッチンの換気扇は、レンジフードファンと言われます。レンジフードファンには、排気専用、強制給排気、熱交換タイプがあります。

最近のレンジフードファン(換気扇)には、排気能力の高いものもあり、すごく大変なレンジフードファン(換気扇)の掃除も簡単なものが出ておりますので、リフォームの際には色々なタイプをメーカーのショールームで確かめた方が良いです。

シンクでの水の使用の際の水音も気になるものなので、静音タイプのシンクを選びましょう。シンクの材質もステンレスのものや鋳鉄ホーロー、鋼板ホーロー、樹脂系のものがあります。

対面型のキッチン、アイランド型のキッチン、I型、L型など色々なキッチンのタイプがありますのね、間取りに会う理想のキッチンを選びましょう。

システムキッチンのメーカーは、クリナップ、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)、タカラスタンダード、TOTO(トートー)、トクラス、ハウステック、トーヨーキッチン、サンワカンパニー、ノーリツ、ニトリなどがあります。

それぞれショールームがありますので、実際に触ってみて、使い勝手はどうか、好みの色はあるか、予算に合うものはあるのか、メーカーのスタッフの方に細かい商品説明をお願いすると良いです。